微細マイスターの部屋

微細加工ドットコムが提供する加工限界値について

2017年05月29日

微細加工ドットコムでは微細穴加工を得意とし、金属材料はもちろんマシナブルセラミックスやエンジニアリングプラスチック等の樹脂材料にも加工を行っています。

今回こちらでご紹介するのは、最近お問い合わせが増えてきている微細穴・溝加工に対するスペックについてです。

一般的な機械加工においては、幾何公差や寸法公差という数値で各社の技術力が評価されます。

一方、微細穴加工においては各社の技術力が径の大きさ、アスペクト比、穴位置精度の3つで評価されます。

そこで、下記に微細加工ドットコムが可能とする微細穴加工のスペックを一覧として掲載しています。

微細加工ドットコム 加工限界値表.png

加工限界は材料ごとに異なる為、各材料ごとの最小径・アスペクト比・穴位置精度を記載いたしました。

当社では、日々、加工限界へのチャレンジを行っており、このスペック表も随時更新していきます。

最新の加工限界が気になる場合には、一度お問い合わせください。

カテゴリ -  ボスのつぶやき カテゴリ -  微細加工

超硬材に対する微細穴加工

2017年05月29日

これまでの微細加工ドットコムではマシナブルセラミックスやファインセラミックス、ガラス材等への微細穴加工を中心に行ってきました。

今回ご紹介するのは、新たに挑戦を行った超硬材に対する微細穴加工事例です。耐摩耗性や靱性等が求められる環境で使用される超硬材は、カッターやノズル等で使用されることが非常に多い材料と言えます。

当社が主にお客様としている液晶・半導体業界、電子部品業界等でも鉄、ステンレスから耐熱性や長寿命化に向け超硬材への材料変更のニーズが高まりを見せています。

そこで、微細加工ドットコムでも超硬材への加工、具体的には微細穴加工や微細溝加工に向けた取り組みを始めました。

最近取り組んだ加工サイズとしては、φ0.1mm~0.2mmの穴径に対して、±0.005mmの穴径公差の微細穴加工です。(現在はφ0.085mmに挑戦中)

今後は、最小径をより小さくすることと、ノズルやカッターに求められるような深い穴加工(現在の加工限界はL/D:1)を追求していきます。

以前にもご紹介したように、今後は高精度化・微細化に向け、さらなる設備導入と加工技術の向上を行っていきますので、超硬材をはじめとする材料への加工限界が気になる方はぜひともお問い合わせください。

カテゴリ -  ボスのつぶやき カテゴリ -  微細加工

第109回早朝勉強会

2017年04月17日

今回は8番沈黙。9番ついで。10番都合。11番伝える。を勉強しました!

私は8番沈黙を選びました。

自分の意見を言うのが苦手なのですが、

これからはしっかり自分の意見を言っていくようにしていきます!!      たけうち

カテゴリ -  早朝勉強会

5軸仕様 微細加工機 AndoroidⅡを2017年11月導入決定!

2017年04月04日

微細加工ドットコムでは、様々な業界の微細加工・微細穴加工のニーズにお応えしてきました。近年では半導体・液晶分野での技術発展に伴い、部品の高精度化・複雑形状化が進み、お客様の加工に対する要望も技術的に高度なものへと変化してきています。そこで、当社では新たに5軸仕様の微細加工機AndoroidⅡを導入し、加工精度だけでなく複雑形状品への対応にも幅を広げて行くことにしました。

こちらの加工機であれば、割り出し精度4秒、穴径精度でμm台の加工が可能となります。2017年11月よりこちらの加工機の運転をはじめますので、ぜひご相談ください!

超高精度高速微細加工機 【Android2】

カテゴリ -  微細加工

2017.03.11.HAPPY BIRTHDAY

2017年03月14日

P1110786.JPG3月10日に誕生日に先駆け花束贈呈がありました。

13日から出勤時間が変わりますが、

まだまだ元気に後輩たちの指導や成長を見ながら

これからも頑張ります!!!

綺麗なお花ありがとうございました。   岡田P1110788.JPG

私たちも早く岡田さんたちに追いつけるよう

スピードを意識しながら仕事に向かっていきます!

これからも私たちにご指導のほど宜しくお願い致します。

お誕生日おめでとうございます。   武内.伊藤

P1110789.JPG

岡田さんはうれしくて頂いた花束をケータイの待ち受けにしたそうです。

カテゴリ -  スタッフブログ