微細加工における課題を豊富な微細加工技術と
最速のサービスで解決。アルミ・チタン・ステンレス・セラミック・プラスチック

微細加工における課題を豊富な微細加工技術と最速のサービスで解決 微細加工ドットコム

微細加工のお問い合わせはこちら
(平日8:30〜17:30)


TEL

  • TOP
  • 微細加工ドットコムの 微細穴加工技術

微細加工ドットコムの微細穴加工技術

微細加工ドットコムの微細穴加工技術

微細加工ドットコムを運営する㈱中川製作所では、23℃±0.5℃で管理された無窓恒温室の中に、碌々産業製の微細加工機「アンドロイド」「メガ」を設置し、微細加工・微細穴加工にあたっています。我々が行う微細穴加工は業界・材質とも多岐に渡るため、様々な厳しい要望を日々頂くので、常に我々の微細穴加工の技術とノウハウは深化し続けています。また、微細穴加工に関する設備・環境のほか、CNC画像測定機などの検査設備も充実している上、かつ加工者とは別の担当・部署が検査を行うため検査体制も万全です。

微細加工ドットコムの微細穴加工が選ばれる理由

1 ミクロン精度の微細穴を 30万穴/月 以上加工!

微細加工ドットコムでは毎月30万穴以上/月、ご依頼が多いときは100万穴以上/月の微細穴加工を行っております。この豊富な加工経験から得たノウハウを基に、お客様のご要望通りのミクロン精度の微細穴加工を実現します。

2 微細穴加工に特化した加工設備・環境!

微細加工ドットコムでは、23℃±0.5℃で管理された無窓恒温室の中に、±1μm以下の精密加工ができる超高精度高速微細加工機「Android(アンドロイド)」(碌々産業製)や高精度高速小径微細加工機「MEGA(メガ)」を設置し、微細加工・微細穴加工にあたっています。

3 豊富な検査設備により、微細穴精度を保証!

高精度な微細穴加工を実現するためには、加工設備のみならず、検査機が必要となります。当社では、CNC画像測定器( QV-APEX404)、デジタルマイクロスコープ(VHX-950F)、画像測定機(MF-A1720)をはじめとする微細穴加工検査機を保有しています。これらの高精度な検査設備を用いて、微細穴加工の検査を実施します。

微細穴加工 製品事例

微細加工ドットコムでは、碌々産業製の微細加工機「アンドロイド」「メガ」を活用した微細穴加工を得意としています。電子・半導体分野をはじめとし、様々な業界に向けて、あらゆる材質に対する微細穴加工を行ってきた経験とノウハウを活かし、お客様のご要望にお応えいたします。

微細穴加工 対応可能材質

  • マシナブルセラミック

    ホトベールⅡS / マセライト

  • エンジニアリングプラスチック

    スミカスーパー / トップファイン

  • スーパーエンプラ

    ポリイミド / ベスペル / PEEK

  • ステンレス

    SUS303 / SUS304 / SUS316L

  • アルミ

    A5052 / A7075

  • チタン

    純チタン(TP340) / 64チタン / βチタン

  • 特殊鋼

    インコネル / ハステロイ / コバール

  • ガラス

    石英ガラス / PXガラス

  • その他材質

    真鍮

納入業界

  • 液晶・半導体

  • 電子部品

  • 医療

  • 分析機器

加工限界

微細加工ドットコムでは、常に微細加工能力の向上に努めています。下記以外の材質への微細加工もお気軽にお問い合わせください。

  寸法公差穴加工溝加工
Φアスペクト比穴位置精度アスペクト比
ファインセラミックスジルコニア(ZrO2)±0.005~0.030.05~8±0.003
マシナブルセラミックホトベールⅡS0.0210~15±0.002
マセライト0.0510~15±0.003
エンジニアリングプラスチックスミカスーパー0.0310~15±0.005
トップファイン0.0310~15±0.005
ステンレスSUS3030.0510~15±0.0050.1ご相談ください
SUS3040.0510~15±0.0050.1ご相談ください
SUS316L0.0510~15±0.0050.1ご相談ください
アルミA50520.0510~15±0.00533
A70750.0510~15±0.0050.1ご相談ください
チタン純チタン(TP340)0.0510~15±0.0050.1ご相談ください
64チタン0.0510~15±0.0050.1ご相談ください
βチタン0.0510~15±0.0050.1ご相談ください
真鍮0.0210±0.0050.1ご相談ください

※上記数値は、連続加工を想定した加工限界になります。
※ 単穴の場合は、いずれの材質も穴位置精度やL/Dはそのままで、φ0.01の加工が可能です。