微細加工における課題を豊富な微細加工技術と
最速のサービスで解決。アルミ・チタン・ステンレス・セラミック・プラスチック

微細加工における課題を豊富な微細加工技術と最速のサービスで解決 微細加工ドットコム

微細加工のお問い合わせはこちら
(平日8:30〜17:30)


TEL

VA・VE提案

基準穴が貫通穴にできない場合は、バリ除去のため糸面取りを許容する

Before

Before 基準穴が貫通穴にできない場合は、バリ除去のため糸面取りを許容する

微細穴加工においては、絶縁または強度を保つなどの理由で基準穴を貫通穴にできない場合は、落射照明でしか検査できません。その場合に基準穴上にバリが残っていると精度の高い検査が困難になります。したがって、図面上に「糸面取り可」と記載されていれば 、糸面取りとともに、バリ取りも行うことが可能となるため、測定誤差が少なくなり、精度の高い微細穴加工を行うことができます。

After

After 基準穴が貫通穴にできない場合は、バリ除去のため糸面取りを許容する

微細穴加工においては、絶縁または強度を保つなどの理由で基準穴を貫通穴にできない場合は、落射照明でしか検査できません。その場合に基準穴上にバリが残っていると精度の高い検査が困難になります。したがって、図面上に「糸面取り可」と記載されていれば 、糸面取りとともに、バリ取りも行うことが可能となるため、測定誤差が少なくなり、精度の高い微細穴加工を行うことができます。

微細穴加工においては、絶縁または強度を保つなどの理由で基準穴を貫通穴にできない場合は、落射照明でしか検査できません。その場合に基準穴上にバリが残っていると精度の高い検査が困難になります。したがって、図面上に「糸面取り可」と記載されていれば 、糸面取りとともに、バリ取りも行うことが可能となるため、測定誤差が少なくなり、精度の高い微細穴加工を行うことができます。