微細加工における課題を豊富な微細加工技術と
最速のサービスで解決。アルミ・チタン・ステンレス・セラミック・プラスチック

微細加工における課題を豊富な微細加工技術と最速のサービスで解決 微細加工ドットコム

微細加工のお問い合わせはこちら
(平日8:30〜17:30)


TEL

微細加工ドットコムのVA・VE提案

CAMを利用して座標入力の工数削減化を実現する

Before

Before CAMを利用して座標入力の工数削減化を実現する

微細加工品の試作等の図面の送信には、よくCADデータや手書き、PDFの形式が用いられます。このうち、手書きやPDF形式の場合、①図面データの再作成②プログラムの作成③座標データの編集を手作業で行います。また、その際に、原点の確認、設計者とプログラム言語の種類確認を行う必要があり、編集に時間を要します。その上、人の手による入力のため、ミスが発生しやすくなります。

After

After CAMを利用して座標入力の工数削減化を実現する

微細加工品の試作等の図面を発注先へ送信する場合には、CAMを用いるのが便利です。CAMは、読み取った図面から、エクセル上に図面の座標を出力するため、人の手を介しての入力工程を削減することができます。また、それによって発生するミスを防ぐことができます。したがって、納期短縮の実現および、歩留まりを高めることが可能となります。

微細加工品の試作等の図面を発注先へ送信する場合にはCAMを用いるのが大変便利です。図面はよく、CADデータあるいはPDF形式で発注先へ送られますが、CADデータやPDF形式の場合、図面をデータ化のする際の座標編集を手作業で行う必要があります。その際、編集に時間がかかり、また人の手による入力ミスも発生しやすくなります。したがって、予めCAMデータによる送信へ変更することで、歩留まりを高めることにつながります。