微細加工における課題を豊富な微細加工技術と
最速のサービスで解決。アルミ・チタン・ステンレス・セラミック・プラスチック

微細加工における課題を豊富な微細加工技術と最速のサービスで解決 微細加工ドットコム

微細加工のお問い合わせはこちら
(平日8:30〜17:30)


TEL

微細加工ドットコムのVA・VE提案

治具用の穴を開けておくことで歪み工程を減らす

Before

Before 治具用の穴を開けておくことで歪み工程を減らす

一般に金属材料は切削加工などの加工を行うと、残留応力により歪みが発生します。微細溝加工では、一つの部材内に多数の溝を掘るため、加工後に大きく歪みが発生するので焼きなまし等の歪み取り工程が発生します。歪み取りには時間もかかるため、納期までの時間を長くとる必要があり、また、そのためコストアップに繋がります。

After

After 治具用の穴を開けておくことで歪み工程を減らす

微細溝加工では、加工前に底面を治具で固定することで、歪みの発生を抑えることができます。上記の図のように、加工時に治具に固定するための穴を開けられるように予め設計をすることで、加工時の歪みの発生を抑えることができ、歪み取りの工程を無くすことが可能となります。従って、納期も短縮でき、コストダウンが実現できます。

一般に、金属材料は切削加工等の加工を行うと、残留応力により歪みが発生するため、加工後に焼きなまし等の歪み取りを行います。特に微細溝加工では、一つの部材に多数の微細溝を掘るため、加工後に歪みが発生しやすく、歪みを取る工程が発生します。歪み取り工程には時間がかかるため納期が延び、またコストアップにもなります。そのため、歪みの発生を抑えられるよう、予め加工時に治具を取り付けられる設計にすることで、部材の歪みを抑え、歪み取り工程を無くすことができます。従って、納期短縮とコストダウンを実現できます。