微細加工における課題を豊富な微細加工技術と
最速のサービスで解決。アルミ・チタン・ステンレス・セラミック・プラスチック

微細加工における課題を豊富な微細加工技術と最速のサービスで解決 微細加工ドットコム

微細加工のお問い合わせはこちら
(平日8:30〜17:30)


TEL

VA・VE提案

なるべく口径の大きい工具が使えるように設計する

Before

Before なるべく口径の大きい工具が使えるように設計する

微細加工においては、適切なエンドミル径の選定が重要となります。本例のように、 Φ0.1mmの細いエンドミルを用いて加工を行うと、刃物が材料に負け、上手く削り出しを行うことができなくなります。したがって、切削面積が小さくなり、切削時間が長くなります。また、工具は細いものほど割高になるため、コストアップにつながります。

After

After なるべく口径の大きい工具が使えるように設計する

微細加工において、エンドミルの径を太くすることで刃物が材料に負けることなく切削を行うことができるようになるため、切削時間を短縮することができます。一般に、エンドミルの径が大きくなると刃物の推進力も高まるため、切削速度が上がります。したがって、加工時間の短縮により、コストダウンが実現できます。

加工者は設計された図面に基づいて最適な工具を選定しますが、どのような設計を行うかで大きくコストが左右されます。従って、設計者は加工時間の短縮によるコストダウンも考慮に入れて設計を行う必要があります。微細加工では寸法がシビアとなりますが、なるべく大きな口径の工具を用いることができるように設計を行なうことがコストダウンを行う秘訣です。