微細加工における課題を豊富な微細加工技術と
最速のサービスで解決。アルミ・チタン・ステンレス・セラミック・プラスチック

微細加工における課題を豊富な微細加工技術と最速のサービスで解決 微細加工ドットコム

微細加工のお問い合わせはこちら
(平日8:30〜17:30)


TEL

VA・VE提案

ポケットはコーナーRをなるべく大きく設計する

Before

Before ポケットはコーナーRをなるべく大きく設計する

上図のような、10×10mmのポケット加工において、不必要にコーナーRを小さく指定すると、径の小さい刃物を選択する必要がでてきます。エンドミルの径が小さい分、切削領域が狭まるため、コーナー以外の溝部分の切削に時間がかかり、加工時間が伸びてしまいます。加工時間が増加から、コストアップにつながります。

After

After ポケットはコーナーRをなるべく大きく設計する

ポケット形状の微細加工において、Rを1.0mmから2.0mmに変更することで、エンドミルの断面積が増えるため、一度に切削できる領域が広がります。本例の場合、エンドミル径をΦ2.0mmからΦ4.0mmに変更することで、切削量が4倍になるため、切削速度が向上します。ゆえに、加工時間の削減から、コストダウンが実現可能となります。

ポケット形状の微細加工においては、コーナーRを必要以上に小さい値にすると、微細加工機に取り付けるエンドミルも、直径の小さい径を選ぶため、断面積がせばまることから切削時間が伸びてしまいます。この事例ではコーナーRを大きくすることで、ドリル径も大きくすることができた結果、切削スピードを向上させることで加工時間を短縮でき、コストダウンが実現できます。